FC2ブログ

ねことも6月号に掲載されました

4月16日(火曜日)~発売です。
よろしくお願いします。
↓こちらでは、デジタル版と雑誌版が置いてあります。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281692083/new/

nekotomo_2019_06.jpg


今回はモノクロ1本とカラー1本です。
色を塗るときは薄い色を塗ってしまいがちなので、なるべくカラフルになるようにしました。
前回よりは背景何色塗ろう…?というシンキングタイムは少なくなったと思います。
カラーもモノクロも、とにかく背景の空白部分を埋め尽くしたくなってしまうのですが
やりすぎは見辛くなるので程々が良さそうです。


前から導入しようか迷っていた液晶タブレット、購入しました。
昨日、作業を始めようと思ってペンを持った瞬間に、手からすり抜けて飛んで行ってしまい
ペンは見える位置に落ちたのですぐ拾ったのですが、先端の方の部品が取れてどこかへ行ってしまったようで、見当たりません。
三十分ほど床を這いずり回って探したのですが見付からず、きっと異世界へワープしてしまったんだと半分諦めて、もう半分諦め切れないのでもう一回探してみるとイスのひじ掛けの付け根に引っ掛かっていました。
というわけで、トラブルが無ければ次の原稿からフルデジタルになると思います。


次回はカラーです

↓クリックで少し拡大します
トライミー!_2

テーマは首輪で、扉絵はこんな感じです。
扉絵ってどんなのを描いていいのか悩むので苦手な部類なのですが
「トライミー!」に関しては比較的すぐ決まる方です。
多分テーマがはっきりしているからなんだと思います。

あとは、配色について書かれた本を読んだりしました。
法則やパターンはありますが、すぐに身に着くものではなさそうなので
身の回りのデザインや配色も気を付けて観察しようと思います。


ねことも4月号に掲載されました

2月16日(土曜日)~発売です。
よろしくお願いします。
↓こちらでは、デジタル版と雑誌版が置いてあります。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281692083/new/

nekotomo_2018_04_201902171027154d2.jpg


作者コメントにも書いたのですが、液晶のペンタブを導入しようか迷っています。
今はペン入れまでアナログで板のタブレットで仕上げをやっているので、これでも成り立っています。
しかし、ペン入れもデジタルで行いたい願望が出て来ました。
自分の場合は板タブで線の修正は出来ますがペン入れはヘタクソで厳しいので、直接描ける液タブの方がやりやすいかと思いました。(慣れる練習は必要だと思います)
電気屋に見に行って試し書きした感じ、かなり良さそうでした。
メリット、デメリットが色々あってまだ迷っているので、今の原稿が終わってからまた迷ってみようと思います。


詩人はおしゃれですね

クリックでちょっと拡大します↓
カッシーワ_2

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの詩人カッシーワです。
名前を見た瞬間に、関西出身の同僚が鶏肉を「かしわ」と言っていたのを思い出し、吹き出してしまいました。
ゼルダシリーズで初めてクリア出来たので、嬉しくて描きました。

ゼルダは神々のトライフォース、時のオカリナ、夢幻の砂時計をプレイしてみましたが
トライフォース、オカリナは序盤、砂時計は中盤で挫折してクリアしたためしがありませんでした。
マリオもクリアしたのはマリオワールドのみ、しかしスペシャルコースは2面で挫折というヘタクソです。
今回もちょっとやってみてダメなら辞めようと思っていたのですが、思いの外ドハマリしました。
リトライのしやすさと回復や強化アイテムを多く持てることが大きいと思います。
一番多いのは祠での落下死ですね。
試練の祠は全部見付けたので、あとは息吹の服、アクセサリーの強化とイワロック、ヒノックス討伐、コログ探しを少しずつやろうと思います。


ねことも2月号に掲載されました

12月15日(土曜日)~発売です。
よろしくお願いします。
↓こちらでは、デジタル版と雑誌版が置いてあります。
http://www.fujisan.co.jp/product/1281692083/new/

nekotomo_2018_02.jpg


今回は、「ねこ畑会議」のコーナーで質問をいただきました。
「ネコの可愛いイラストが、誰にでも描けるポイントやテクニックを教えてください!」

ということで書きましたが、的を得て答えられたのか不安ですので、ここではちょっと補足を書こうと思います。

ポイント・テクというよりは、自分がやっていることになってしまいますが
可愛いと思った絵をいくつか模写します。
どこが可愛いと思ったのかを考えながら(発見しながら)線や全体のバランスも考えながら模写します。
模写して、良いと思った部分を取り入れて行く感じです。
あと、本物や写真の猫を観察して顔や体の形、骨格や筋肉を理解してからもう一回描いてみたり
ペン入れのときは柔らかい、モフモフしているということを意識しながら描いています。

もし、参考になったら嬉しいです。


拍手と拍手コメントありがとうございます。
とても嬉しく思います。

プロフィール

猫じゃらし

Author:猫じゃらし
ペンネーム おおさと理央
漫画を投稿したりしています。
更新は月一ペースくらいです。
リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
参加してます
にほんブログ村 漫画ブログへ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ